予算とリフォーム

リフォームの予算
 リフォームするには、まったくタダといわけにはいきません。やはりいくらかの工事費がかかります。たとえ、ドゥー・イット・ユアーセル(=DIY)でやったにせよ、材料費はかかります。そこで費用がどのくらいかかるか、最初に予算を考えておかないと、工事に着手できません。しかし、この工事をしたら、いくらかかるかを正確に推測するのは、本職でもなかなか難しいことです。物価の上げ下げに応じて、工事も変動しますが、おおよその金額でも知りたいところですね。壁紙の貼り替えで、¥1、200/uくらいです。珪藻土クロスだと、¥1、500/uくらいでしょうか。 
イメージ
 ヒノキの柱は、節のあるもので1本3千円、節のないもので〜2万円くらいです。
それに対して、トイレの便器は5万円〜30万円くらいです。そして、厨房機器は、30万円〜300万円くらいです。今では、木材関係より、設備関係に多大な費用がかかります。
木造住宅の見積書の内容は、まず直接工事費として大項目である下記の表題がある。
建築工事 木工事などの明細項目が次のページにつづく
電気設備工事 外線引込み、配線工事、器具代など
給排水衛生設備工事 道路からの本管取り出し、給水・湯、排水、衛生器具代など
ガス設備工事 東京ガスのガス工事は有料だが、LPGガス工事は無料
空調設備工事 専門業者に発注すると、見積に計上される
外構工事 室内工事の完成後に、別途発注することが多い

小計 以上を合計したものを直接工事費と呼ぶ

諸経費 各種保険、通信費、安全費、管理費など不明なものが多い

消費税 (直接工事費+諸経費)×5%は大きな金額である

合計 これが工事費。これ以外に、解体費や祝儀・登記費用など
−知恵−
 目安:リフォームにかかる工事費は、室内のみで坪当たり30万円くらいです。建築をつくるのは、妥協の過程です。美しい言葉におきかえれば、<バランス>を探すことです。
 さまざまな工事の種目のどれ一つとして、切りすててしまうわけにはいきません。電気工事も必要だし、いまやウォッシュレットも必需品です。そして、床には無垢のフローリングを張りたい、と希望が広がっていきますが、総工事費のなかに占める割合を考えてください。

キッチン手順食器洗機バスルームトイレ洗面台ペット玄関健康・自然水廻りセキュリティバリアフリー階段照明器具内装コミュニケーション屋根・樋外壁アプローチガーデニング耐震マンション税金予算第三者診断施工 
キッチンのリフォーム