耐震のリフォーム

耐震補強へのリフォーム
 噂されている大地震にそなえて、住まいを頑丈にする耐震補強のためのリフォームをしましょう。どんなに気持ちの良い家でも、壊れてしまったら元も子もありません。地震で家がつぶれたら、人命に関わりますから、耐震補強のリフォームは入念にやるべきでしょう。地震ではモノが倒れたり、落ちてきたりします。タンスが倒れないか、瓦が落ちてこないかも、確かめてみましょう。
 最近できた木造住宅は、そうとうに頑丈です。地震への心配があるのは、30以上前に建てられた古い家です。
イメージ
 耐震診断とは既存建物が、地震に対して安全かどうかを見極めるための行為です。
 旧構造基準で設計された既存建物に対して、現行の耐震基準により、その耐震性を再評価するのが耐震診断です。耐震補強するためには、事前の耐震診断が必要です。
 

 耐震補強工事の方法としては、壁の配置や量を改善する、筋違や基礎を補強する、基礎、土台、柱、筋違の接合部分をしっかり固定する、地盤を改良する、などが上げられる。
 壁の配置や量を改善したり、筋違や基礎を補強するのには、壁や床を剥がなければならず、大かがりな工事になる。そして、費用もかなりの金額になる。最近、注目されているのは、基礎、土台、柱を固定する補強用の金物である。金物は躯体の外側に取り付けるだけでよく、費用も比較的安価なため、耐震補強工事の主流になりつつある。
−誤解−
 耐震補強は耐震診断を行って、構造のチェックをしてから行います。耐震診断をおこなって、危険な建物だと、診断されたらどうするのでしょうか。
 耐震診断をおこなう建物は、おおむね古い建物ですから、 多くは耐震補強が必要になります。この耐震補強には、かなりのお金がかかります。
 耐震改修費用は、住まいの古さや規模、工法によって異なります。一般的には100万円から200万円程度かかる場合が多いことを一つの目安としてください。
 危険だと判定されても、お金がなくて補強できない! これではむしろ精神安定上よろしくありません。

キッチン手順食器洗機バスルームトイレ洗面台ペット玄関健康・自然水廻りセキュリティバリアフリー階段照明器具内装コミュニケーション屋根・樋外壁アプローチガーデニング耐震マンション税金予算第三者診断施工 
キッチンのリフォーム