照明のリフォーム

照明器具のリフォーム
 明かりが変わると、室内はガラッと変わります。照明計画はリフォームに大いに関係があります。照明器具だけを取り替えるリフォームもあります。配線工事となると、専門家に依頼しなければなりません。しかし、照明器具の交換であれば、誰にでもできます。白色の蛍光灯だったものを、電球色の蛍光灯に変えるだけで、室内の雰囲気は大変身です。リモコン付きに変えれば、なお便利かも。
イメージ
 照明器具は自分で作ることができます。東急ハンズなどで、照明器具の部品を売っていますから、部品を組み立てるだけで、世界でたった一つ、自分だけの明かりの完成です。
 
 

 照明とは、光源を利用して、特定の場所を明るくすること。夜間や暗所での視環境を良くしたり、光を利用して空間のイメージに変化を加えるために用いられる事が多い。照明をデザインする職業を、照明デザイナーと呼ぶことも多い。

 広義には自然光(太陽光や月光)の利用も含めて照明と呼ぶが、より一般的には白熱電球、蛍光灯、ランプなど、多種多様な照明器具が発する光(人工光)によるものを指す。カーテンやブラインドによって外光を遮ったり、照明器具によって発せられる光の強さや方向を調節する。

−誤解−

 日本の夜は明るいといわれて、すぐピンときてうなずく人は、そう多くはないでしょう。日本の夜は明るいといっても、日本の月だけが明るいとか、日本の夜は白夜だといっているのではありません。夜は地球上たいていの場所で暗いものです。
 日本では、銀座や新宿といった繁華街はもちろん、近郊の小さな駅前通りも、大量の照明によってとても明るく照らされています。外灯やら商店の看板灯やらで、夜の街は明るく、懐中電灯なしでもまったく不自由しないのが昨今です。

 月のない夜、それは闇です。闇とは本当にまっくらです。自分の鼻をつままれるままで、そこに誰がいるのかわからないほど暗いのです。照明計画は闇から出発するとうまくいきます。


キッチン手順食器洗機バスルームトイレ洗面台ペット玄関健康・自然水廻りセキュリティバリアフリー階段照明器具内装コミュニケーション屋根・樋外壁アプローチガーデニング耐震マンション税金予算第三者診断施工 
キッチンのリフォーム