水回りのリフォーム

水回りのリフォーム
 建物はまだまだ使えそうでも、水廻りが痛んできたのでリフォーム、ということもよくあります。むかしは給排水には白ガス管や黒ガス管などを使っていたので、配管類の寿命が短く、すぐに水漏れでリフォームになってしまいました。現在では架橋ポリエチレン管をつかうと、スケールなどの心配がなく長い寿命が期待できます。
イメージ
 水漏れは困りものです。1階ではそれほど問題ならないかも知れませんが、2階やマンションでは重大事です。水道からの水漏れは定常的に漏れ、排水管らの水漏れは間歇的に漏れます。水廻りは重要ですね。
 
 

 ヘッダー工法がおすすめです。給水管などを、少しずつ枝分かれしていくのではなく、元からそれぞれの場所へと、直接配管する方法が、ヘッダー工法です。
−誤解−
 汚水排水管は勾配が急なほうが、良いわけではありません。あまり急だと、汚物を運ばずに、液体だけが流れてしまいます。
 排水管から音がすることがあります。とくに、管の中を汚物が流れるたびに、家中に鳴り響くとしたら、本当に困ったものです。とてもトイレを使う気にならなくなります。排水系の配管は、曲がりを作らないように計画すべきです。そして、遮音のために防音材を巻くことを忘れずに。

キッチン手順食器洗機バスルームトイレ洗面台ペット玄関健康・自然水廻りセキュリティバリアフリー階段照明器具内装コミュニケーション屋根・樋外壁アプローチガーデニング耐震マンション税金予算第三者診断施工 
キッチンのリフォーム